2007年09月07日

車椅子 介助


トイレのリフォームに関して、最近では高齢化社会に伴って、家庭でも介護しやすいようにバリアフリー化のリフォーム検討をされる方が増えています。


リフォームする場合、どういったことを配慮するかをあげてみると、

・部屋の間仕切りを取り、段差をなくす

・便器を和式から座りやすい洋式に変更する

・介助できるようにスペースを広げる

・手すりは、はね上げ式を採用する

・戸をドアから引き戸にする

等々です。


トイレのリフォームでは、介助する側、される側双方にとって使いやすい空間プランが、今後も増えることでしょう。


ただ、バリアフリー化を考えたトイレのリフォームは、費用もそれなりに掛かるものであるということを頭に入れておいてください。


期間延長!限定大幅価格下げました前座高さが選べます!介護まごころ便販売台数ダントツのNo.1!あの激安最高品質アルミ車椅子メーカー直仕入れ自操用車椅子 MP-43JD/MP-40JD 【代引き可】価格に絶対の自信あり!75%OFF
商品価格:18,790円
レビュー平均:5.0

脳梗塞で実母(78歳)が1年前に倒れ、病院にてリハビリ生活をおくっていました...
脳梗塞で実母(78歳)が1年前に倒れ、病院にてリハビリ生活をおくっていました。痴呆や認知症になり、歩行も満足に出来ず、トイレにも行けず、勝手に少しだけ立ち上がる事を試みるも転倒。結果、危ないという判断で病院では車椅子で24H身体拘束の生活でした。(耳はほとんど聞こえず言葉も出ない失語症)。でも病院は入院期間満了で強制退院。結果、グループホームに入所しましたが、危険なので十分注意をお願いして預かってもらいましたが身体拘束は出来ないので、普通に介助する。との事。まあ信用してお願いしたら、一週間の間におでこにこぶが出来る転倒1回。深夜なので介助が手薄だったので、申し訳ありません。と先方よりお詫び。その2日後、今度は夕方に食事中に椅子からすべり落ち、腰を強打。先方はまたお詫び。しかし、腰は打ち所が悪くて骨折。即入院して後日に手術。ながなが書きましてすいません。なにが言いたいか?グループホームに賠償責任は問えるのでしょうか?(続きを読む)



リーガロイヤル大阪、スタッフ6名が「サービス介助士2級」の資格を取得
トラベルビジョン
なお、サービス介助士とはケアフィッターとも呼ばれ、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が認定する資格で、「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を習得できるもの。協会主催の講座の受講や課題の提出、車椅子操作など12時間の実技教習を経て検定試験を受験し、合格 ...(続きを読む)



ティルティング&リクライニング機能付きアルミ・介助用車椅子 ...
ティルティング&リクライニング機能付きアルミ・介助用車椅子・カワムラサイクル製KX16-42N38%... リクライニング&チルティング機能付車いす拘束ゼロの座位保持を応援します。チルティング角度、座面角度0〜20° リクライニング角度、背もたれ ...(続きを読む)




posted by トイレ 車椅子用について at 17:05 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。